読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

pianeco

もっと自由に音楽したい人へ。ニューヨークで学んだ作曲や演奏のコツ。

切ないクリスマスソング「River」

北国で育ったせいか、クリスマスにはやはりどうしても雪が見たい。

ニューヨークでは何回か雪が降ったものの積もる程ではないし、今日はずっと雨らしい。

夜更けすぎに雪へと変わればいいんだけど見込みは低そうだ。

そんな時いつも思い出すのが、ジョニ・ミッチェルの「River」。

youtu.be

It's coming on Christmas

クリスマスが近づいてくると

They're cutting down trees

みんなモミの木を切り倒し

They're putting up reindeer

トナカイを飾りつけ

And singing songs of joy and peace

喜びと平和の歌を歌う

Oh I wish I had a river I could skate away on

あぁ 川があれば滑っていけるのに

But it don't snow here

だけど ここは雪が降らない

It stays pretty green

いつまでも緑が残ったまま

I'm going to make a lot of money

一稼ぎして

Then I'm going to quit this crazy scene

こんなクレイジーなところ出ていくの

Oh I wish I had a river I could skate away on

あぁ 川があれば 滑っていけるのに

 

ジョニ・ミッチェルはカナダ出身だから、クリスマスにはやっぱり雪が見たくて、生まれ故郷が恋しくなったのかもしれない。

そしてそこにはきっと川があったんだろう。

ちょっぴり切ない曲だけど、少なくとも私には、鈴の音シャンシャンしてハッピーでたまらないよー!という曲よりこっちの方がしっくりくる。

クリスマスみたいなホリデーシーズンは孤独を感じやすくなると聞いた事があるから、こんなふうにそっと心に寄り添ってくれるような曲は貴重だ。

ジョニ・ミッチェルが、今年のクリスマスを雪景色の中過ごせていますように。

みなさんが素敵なクリスマスを過ごしていますように。

 

Merry Christmas!!

youtu.be