pianeco

もっと自由に音楽したい人へ。ニューヨークで学んだ音楽の話。

”If I ain't got you”から三角形を弾いてみる

”If I ain't got you”

まだニューヨークに来て間もない頃だったと思う。

34丁目の辺りでたまたま入ったコーヒーショップの店員さんが、アリシア・キーズの"If I ain't got you"の替え歌でコーヒーのオーダーを取っていた。

こんな具合に。

Some people want a tall iced coffee

Some people want a caramel macchiato

日本ではあまり見られない光景かもしれないが、私はこんなユーモアが大好きだ。

 

アリシア・キーズの"If I ain't got you"、もしあなたがピアニストでシンガーの知り合いが多ければ少なからず弾いたことがあると思う。

弾いたことがなくてもあの印象的なイントロを耳にしたことはあるはず。

alicia keys if i ain't got you

3拍子の上に3連符がいっぱい。

これだけ3が多いので三角形にしてみようと思う。

 

 

三角形を弾く

三角形を弾くのは丸を弾くよりずっと簡単だと思う。

なぜなら、三角形には三つ点があるしピアノ上で三点弾くことはとても簡単だから。

例えば、最初の右手の3連符を弾くとき、鍵盤を触る指がすでに三角形を作っているように。

ピアノ鍵盤

上の図のように高音から三角を描き続ければ、"If I ain't got you"のイントロはとても簡単に弾けるだろう。

 

次に楽譜上で三角形を表してみよう。

私はこんなふうになるんじゃないかと思う。

CM7とBm7はこんな淡い色の印象を受ける。

3連符楽譜

じゃあ、もしこんな楽譜だったらどんなふうに弾く?

三角形楽譜

 

形から曲を作る

作曲の方法には色んなやり方がある。

たとえば、メロディから作ったり、ベースラインを先に決めたり、コード進行や理論から考えたり。

その一つにシェイプから作るっていうのがあってもいいんじゃないかと思う。

まず五線譜に図形を撒き散らしてみるのだ。

それはとっても 独創的で面白い曲になりそう!

draw your own music