pianeco

もっと自由に音楽したい人へ。ニューヨークで学んだ音楽の話。

アレンジ

5拍子っぽくないテイクファイブ(2:5ポリリズム)

つい先日、ソロピアノで「テイクファイブ(Take Five)」を弾く機会があった。この曲は、アルトサックス奏者ポール・デスモンドが作った、有名な5拍子の曲。ポール・デスモンドは「テイクテン(Take Ten)」というテイクファイブの兄弟みたいな曲も書いてい…

あら野のはてに Angels We Have Heard On High

なんだかバタバタしているうちにクリスマスになってしまった。 今日はこれから教会でクリスマスの曲をいくつか弾くことになっている。 そのためにザッとアレンジしたのが「あら野のはてに(Angels We Have Heard On High)」 youtu.be 時間がなくてリードシ…

「The Christmas Song」6連符を使いこなして空白マスターに! 

The Christmas Song ”好きなクリスマスソング”で一番最初に思いつくのが、このMel Tormeの「The Christmas Song」。 タイトルからメロディが思い浮かばない人も多いかもしれないが、きっと耳にしたことがあると思う。 一番有名なのはきっとこのNat King Cole…

Smoke Gets In Your Eyes

煙が目にしみる 誰もが知っているジェローム・カーンの美しいバラード。 歌詞も切なくって、 -When a lovely flame dies, Smoke gets in your eyes. -恋の炎が消えた時 煙が目にしみる 要するに失恋して泣いてるのだろうけど、とっても素敵な言い回しだ。 今…

切ないクリスマスソング「River」

北国で育ったせいか、クリスマスにはやはりどうしても雪が見たい。 ニューヨークでは何回か雪が降ったものの積もる程ではないし、今日はずっと雨らしい。 夜更けすぎに雪へと変わればいいんだけど見込みは低そうだ。 そんな時いつも思い出すのが、ジョニ・ミ…

きよしこの夜の「魔の4小節」

バッハのインヴェンションくらいピアノが弾ける父に「きよしこの夜」のアレンジを頼まれた。 どうやらクリスマスに人前で弾く事になったらしい。 「きよしこの夜」と言えば、クリスマスソングの定番中の定番。 でも、実はこの曲、アレンジが地味に難しい。 …

猫アレルギーなのに猫を飼いながらOver The Rainbowのアレンジをする

ついに・・・ ついに、猫アレルギーよりも猫への愛情が勝ってしまって、マンハッタンにあるシェルターから3歳の女の子をアダプトしてきてしまった。 人生初猫!! 嬉しすぎる!! でもやはり猫アレルギーなので、わーいわーいと言ってられる訳ではなく、こま…