pianeco

もっと自由に音楽したい人へ。ニューヨークで学んだ音楽の話。

はじめてのモード 

音楽理論(あるいはジャズ理論)を勉強していると、モードのあたりでなんだか混乱して脱落してしまう人も多いと思う。

でも、モードって考え方によってはそんなに難しいものではない。

知っているとやっぱり便利だし、きっとあなたの音楽を広げてくれるだろう。

だから今回はその難しそうなモードを、イントロダクションからザックリとした使い方まで、できるだけわかりやすく伝えたいなぁと思ってこれを書き始めた。

できれば5線譜も使わずに。

 

モードとは

1つのスケールの中に含まれているカラーの違う音の並びのこと。

日本語では「教会旋法(チャーチモード)」と呼ばれるもので、「グレゴリア聖歌」とか「ギリシア旋法」なんていうキーワードも出てくるけど、ここではその性質にフォーカスしたいのでまずカラーの話から始めよう。

 

モードの絵の具

たとえば、7色入りの絵の具があるとする。

だいたい一通り大事な色が入ってるベーシックな絵の具セット。

 

f:id:pianeco:20180911154917j:plain

もう一つ、同じように7色入りだけど全体のトーンがパステル調の絵の具セット。

f:id:pianeco:20180911154928j:plain

この2つの絵の具セットにはそれぞれBasic、Pastelっていうテーマがあって、入っている色は似ているけどトーンが異なる。

一番左はどちらも赤だけどBasicな赤とPastelの赤は色が少し違うよね。

もし他にSmokyとかVividとかの絵の具セットがあったとしても、やっぱりそれぞれの赤はどれも微妙に違うだろう。

 

この絵の具セットのテーマと入っている絵の具は、そのままスケールとモードの関係に置き換えることができる。

BasicとかPastelとかのテーマがスケールで、その中にある7色の絵の具がモード

つまりスケールの中には7種類のモードが入っているということ。

そして、どれ一つとして同じ色はない。

 

そうなるとモードってものすごい種類があるんじゃないかと思うかもしれないけど、実用的なモードを持つ(とくにジャズでよく使われる)スケールはこの4つだけ。

・メジャー(Major)

・メロディックマイナー(Melodic Minor)

・ハーモニックマイナー(Harmonic Minor)

・ハーモニックメジャー (Harmonic Major)

 

なので

4テーマ(スケール)×7色(モード)=28色(モード)

 

この28種類のモードさえ理解すれば、あなたもモードの魔術師になれる。

まだいまいちピンと来てないかもしれないので、ちょっとだけ1つ目の絵の具箱「メジャースケール」を開けてみよう。

 

メジャースケールの絵の具箱

スケールの中にある7種類のモードには、それぞれ名前がついていてどれもラテン語だかギリシャ語だかの難しい名前なんだけど、「エメラルドグリーン」とか「ターコイズブルー」とかの仲間だと思ってもらえると馴染みやすくなるかもしれない。

f:id:pianeco:20180911171202j:plain

これがメジャースケールのモードたち。

どれも聞き慣れない名前で、しかもフリジアンとかリディアンとか、みんなちょっとづつ似ててどうにも覚えづらい。

ちなみにビリジアンっていう色があるらしいけど、きっとこの中にひっそり紛れ込んでも誰も気づかないだろう。

 

使い方(ザックリと)

モードを勉強する上でおそらく一番の謎は、使い方なんじゃないかな。

「ドリアンだとかリディアンだとかの名前をどうにか覚えたけど…それで?一体これで何をするの?」

っていうのがモードの勉強をしていた時の一番の謎だった。

 

でも、使い方も本当はそんなに難しくなくて、絵の具みたいに気軽に使えるはず。

たとえば、

「水色でなんか描いてみよー」

(ミクソリディアンでなんか弾いてみよー)

とか、

「リンゴを赤じゃなくて緑で描いてみよー」

(△7をイオニアンじゃなくてリディアンで弾いてみよー)

みたいに。

そんなに難しい感じしないよね?そうだよね…?

 

今日は「はじめてのモード」なのでさらっと書いてきたけど、少しでもモード(さらに音楽理論も!)に興味を持ってもらえたら嬉しい。

モードを理解していると、他の人とは違う自分の音楽を表現しやすくなるし

(みんなはこの色だけど、自分はこっちの色にしよう!みたいに)、音楽がもっともっとカラフルになるだろう。

 

次回はそれぞれのモードの仕組みと、モードのコード!

きっと!

See you soon!  

 

 

「Spring Wind」 ポリリズムを弾く

春と呼べる日なんてどれくらいあったんだろ。

長ーくて、寒ーい冬が終わったかと思ったら、もう完全に初夏。

たしか2月くらいに、早く春にならないかなぁと思って「Spring Wind」というタイトルの曲を作ったけど、すっかり季節がずれてしまった。

この曲は前回、前々回の続きで2:3(あるいは3:2)のポリリズムをマスターするための練習曲として作った。

いざポリリズムをマスターするぞ!と思っても(ポリリズムだけじゃなくて何にでも言えることだけど)なかなかちょうど良い練習曲が見つからなかったりする。

そんな時は、自分に必要な曲を自分で作っちゃうのが一番。

壮大な曲にする必要もないし、音楽的にとても優れてる必要もない。

ただ自分に必要なものを自分の好きなように作っていけば良い。

だって自分のための曲だからね。

そんなわけで今回は私のポリリズム練習曲「Spring Wind」をご紹介!

 

Spring Wind

youtu.be

 

お気づきのようにこの曲は2:3(あるいは3:2)のポリリズムとその仲間たちでできている。

2:3(あるいは3:2)をベースに全部で9種類のポリリズムがこれでもかと出てくるので、嫌でも身についてしまうはず。

 

9種類のポリリズム

① 2:3 (右手が8分音符2つ、左手が8分音符の3連符)

前回、前々回とやってきた2:3の基本形。

f:id:pianeco:20180529090633p:plain

 

② 3:2 (右手が8分音符の3連符、左手が8分音符2つ)

これも前回、前々回とやってきた3:2の基本形。

 

f:id:pianeco:20180529090648p:plain

③ 2:3 (右手が8分音符2つ、左手が8分音符の3連符で2音目を分割)

2:3の仲間。

左手の3連符の2音目を分割して16分音符2つにする。

分割した16分音符の2つめが、ちょうど右手の2音目と同じタイミングになる。

f:id:pianeco:20180529090705p:plain

 

 

④ 3:2 (右手が8分音符の3連符で2音目を分割、左手が8分音符2つ)

3:2の仲間で③の左右逆バージョン。

これも右手の分割した16分音符の2つめが、左手の2音目と同じタイミングになる。

f:id:pianeco:20180529090721p:plain

 

 

⑤ 2(6):3 (右手が8分音符2つ+16分音符の6連符、左手が8分音符の3連符)

2:3の仲間。

右手が16分音符の6連符で、3音づつ2グループに分かれている。

6連符の1、3、5音目で左手の3連符それぞれと出会う。

f:id:pianeco:20180529090733p:plain

 

 

⑥ 3(6):2 (右手が8分音符の3連符+16分音符の6連符、左手が8分音符2つ)

3:2の仲間。

⑤と同様右手が16分音符の6連符だけど、こちらは2音づつ3グループに分かれている。

6連符の1、4音目で左手の8分音符と出会う。

f:id:pianeco:20180529090746p:plain

 

 

⑦ 3(6):2(6) (右手が8分音符の3連符+16分音符の6連符、左手が8分音符2つ+16分音符の6連符)

3:2の仲間。

右手は⑥と同じで、左手は16分音符の6連符。

左右弾いている音数は同じだけど、右手は2音づつ3グループ、左手は3音づつ2グループに分かれている。

一見簡単そうだけど、メロディとベース音が3:2になっているのでちょっとくせ者。

右手のメロディは左手と1、3、5音目出会い、左手のベース音は右手と1、4音目と出会う。

f:id:pianeco:20180529090759p:plain

 

 

⑧ 3(12):4 (右手が4分音符の3連符+16分音符の6連符が2つ、左手が8分音符4つ)

これは2:3じゃなくて、3:4のポリリズム!!

今までと違って1拍分じゃなくて2拍分の大きなポリリズムで、右手は16分音符の6連符が2つ、その12音を4音づつの3グループに分けている。

左手のベース音は右手の6連符の1、4音目と出会うので、そのタイミングに気をつければきっとスムーズに3:4のポリリズムもマスターできるはず。 

f:id:pianeco:20180529090813p:plain

 

 

⑨ 3(12):2 (右手が4分音符の3連符+16分音符の6連符が2つ、左手が4分音符2つ)

3:2の仲間。

これも2拍分の大きなポリリズムで、右手は⑧と同じ。

左手が4分音符2つしかないので間が空く分リズムがブレやすい。

右手の6連符の1音目で左手と出会うので、そのタイミングに気をつけるとGood。

1拍分のポリリズムと2拍分のポリリズムを使いこなせたら、もう2:3(あるいは3:2)マスターと言ってもいい!

f:id:pianeco:20180529090827p:plain

 

 

 It's your turn!

「はじめてのポリリズム」ということで前回、前々回と3回に渡って2:3(あるいは3:2)のポリリズムを勉強してきたけど、少しでも興味が湧いたり、仕組みがなんとなくでも理解してもらえたら嬉しい。

ポリリズムと聞くと難しいイメージだけど簡単な算数ができれば、全然難しいものじゃない。

今回は私が作ったポリリズムの練習曲をご紹介してきたけど、次はあなたのポリリズム練習曲を聴かせてほしい!

どんな曲でもいい、シンプルで全然構わない。

きっと私の練習曲より、あなたにとって素敵なものになるハズ!

 

「Spring wind」を弾いてみたい方はこちらからフリーダウンロードできるので、ぜひ!

 

Enjoy!!

 

 

p.s.

韓国映画「イルマーレ」のアメリカ版「The Lake House」に使われているブラッド・メルドーの曲が、2:3(あるいは3:2)のポリリズム(2拍分の大きなポリリズム、0:55~)だったのでcheck it out!!


youtu.be

 

ポリリズム 2:3と3:2

前回の例にも出したけど、ドビュッシーのアラベスク第一番のようなリズムを3:2のポリリズムという。

1拍に対して右手は8分音符3つ、左手は2つ。

f:id:pianeco:20180215100441p:plain

この曲を弾いた事がある人も多いかもしれないが、リズムはきちんと弾けているかな?

なんとなく左手の音にぶつからないように左右ずらして弾いちゃってたりはしてない?

思わずギクッとしちゃった人は、ポリリズムを身につけるともっとステキな演奏ができるかもしれない。

今日は3:2(右3:左2)、2:3(右2:左3)それぞれの仕組みと練習法を考えていく。

 

 

仕組み

2:3(あるいは3:2)のポリリズムを作るのに必要なのは、2と3の最小公倍数

つまり6。

6コの音があれば2:3(あるいは3:2)のポリリズムを作る事ができる。

 

<材料>

・6コの音

 

<2:3の作り方>

①左手パートに2:3の3にしたい音符を3コ並べる

②並べた3コの音符を6等分したものを右手パートに並べる(1コを2等分)

③6等分した音符を3コづつ2つのグループに分ける

(わかりやすいように3コづつっぽいフレーズに変えているよ!)

④それぞれのグループのあたま1、4にアクセントをつけ他の音を弱くしていく 

⑤アクセントをつけた1、4だけ弾ければ完成!!

 

f:id:pianeco:20180224160846j:plain

 

 

<3:2の作り方>

①左手パートに3:2の2にしたい音符を2コ並べる 

②並べた2コの音符を6等分して右手パートに並べる(1コを3等分) 

③6等分した音符を2コづつ3つのにグループ分ける

(これもわかりやすいように2コづつっぽいフレーズに変えているよ!)

④それぞれのグループのあたま1、3、5にアクセントをつけ他の音を弱くしていく

⑤アクセントをつけた1、3、5だけ弾ければ完成!!

 

f:id:pianeco:20180224160815j:plain

 

 

 

弾き方

コツは、6コの細かい音符を感じること。

左右バラバラに思えるけど、弾いていない細かい音符で本当は出会っているのだ!

その2と3が出会う場所を感じられると、偏りのないキレイなリズムになる。

 

<2:3練習法>

①右6:左3の簡単なスケールを作る          *点線は2と3が出会う場所

(右6=3+3のようなフレーズがGood!!)

f:id:pianeco:20180224162913j:plain

②右6の1と4にアクセントをつけ他の音を弱くしていく 

f:id:pianeco:20180224162956j:plain

③アクセントをつけた1、4だけ弾く

f:id:pianeco:20180224163006j:plain

 

 

<3:2練習法>

①右6:左2の簡単なスケールを作る         *点線は2と3が出会う場所

(右6=2+2+2のようなフレーズがGood!!)

f:id:pianeco:20180224163228j:plain

②右6の1、3、5にアクセントをつけ他の音を弱くしていく

(点線は3と2が出会う場所)

f:id:pianeco:20180224163236j:plain

③アクセントをつけた1、3、5だけ弾く

f:id:pianeco:20180224163242j:plain

 

 

再びアラベスク

3:2の練習法に当てはめて、もう一度ドビュッシーのアラベスク第一番を考えてみる。

 

まずは右手のメロディーに音を足して細かい16分音符の6連符にする。

(点線は3と2が出会う場所、4拍目以降も同じ)

f:id:pianeco:20180224164207j:plain

 

6連符の1、3、5にアクセントをつけ他の音を弱くしていく

 

f:id:pianeco:20180224164213j:plain

アクセントをつけた1、3、5だけ弾く

 

f:id:pianeco:20180224164218j:plain

 

 

なんとなく弾くのと、意識して弾くのではなにか違いはあったかな?

正確なリズムこそが美しいとは思わないけど、仕組みがわかっている方が安定したリズムを演奏できるのは確か。

それにリズムみたいな感覚的なものは、一度身につけてしまえば体がずっと覚えていてくれるので、覚えといて損はない。

自転車や平泳ぎみたいにね。

 

 

2:3や3:2のポリリズムは部分的なものも含めると、本当にあらゆるジャンルのあらゆる音楽に使われている。

(私の好きなドラゴンボールのDragon Soulにだって部分的に何度も使われている!)

意識して聴いてみると、きっと色んな曲の中にこのポリリズムを見つけることができると思うので、いつもと少し違う角度から音楽を聴いてみるのも良いかもしれない。

 

次回は、2:3と3:2のポリリズムを弾きこなす!

 

 

はじめてのポリリズム

「ポリリズム」とは

複数を意味するポリ(poly) +リズム(rhythm)が合わさった言葉で、複数の異なるリズムを同時に演奏する事。

 

わかりやすいので言えば、ドビュッシーのアラベスク第1番。

1拍に対して右手は3連符だから8分音符3つ、左手は8分音符2つで、3:2のポリリズム。

それぞれ拍のあたまで左右一緒になる。

 

<アラベスク第1番>

f:id:pianeco:20180215100441p:plain

 

わかりづらいので言えば菊地成孔率いるDATE COURSE PENTAGON ROYAL GARDEN (DC/PRG)の 「構造I (現代呪術の構造)」。

これは5拍子の上に4拍子がのっているようなポリリズム。

 

< 構造I (現代呪術の構造)> 視聴

f:id:pianeco:20180215171751p:plain

 

1小節の中に20コある16分音符を5コづつグルーピングすると4拍子(上段)、4コづつグルーピングすると5拍子(下段)になる。 

 

つまり上段は大きく4連符とも言えるし、1拍=16分音符5コの4拍子とも言える。

そしてこの4拍子の拍のあたまにちゃんとベースの音がはまっていて、キレイに作られている。

f:id:pianeco:20180218234209p:plain

とても複雑なポリリズムだけど、これがもしどちらも4分の4拍子で割り切れていたらどんなに味気ないものになっていただろう。

そう、ポリリズムはできるとかっこいいのだ!

 

でも「はじめてのポリリズム」なのでこんな恐ろしいリズムじゃなくてシンプルなものからはじめていくよ!

次回は「ポリリズム2:3」(の予定)

 

www.youtube.com

 

Robert Glasperを弾く 「Stella By Starlight」

Stella By Starlight

邦題「星影のステラ」と呼ばれている最も有名なジャズスタンダードのひとつ。

元々はVictor Youngが"The Uninvited"という映画のために作った曲で、マイルス・デイヴィスやエラ・フィッツジェラルドをはじめ、多くのジャズメンに演奏されてきた。

ジャムセッションでもよくコールされるので、演奏したことがある方も多いかと思う。

私の中でも、好きなジャズスタンダードTOP10に確実に入ってくる。

今回はこのおなじみの"Stella By Starlight"を、あまりおなじみではないロバート・グラスパーバージョンで弾いてみよう。

www.youtube.com

 

 

構成

この曲は"covered"というアルバムに収録されている。

先日行ったRobert Glasper Trio @ THE METの時にも同じメンバーで演奏していて、ブリッジの部分をループしたり、パッと聴いただけでは聞き取れないようなリハモをしていたりと、とても印象的だった。

f:id:pianeco:20180118070240j:plain

これはリアルブックに載っている楽譜。

一般的にジャズは、[テーマ]→[インプロ](improvisation:アドリブのこと)→[テーマ]という形で演奏される。

この曲の場合も・・・

 [テーマ : A B C]→[インプロ : A B C] × くり返し→[テーマ : A B C] 

 

と演奏されるのが一般的だが、グラスパーは・・・

[テーマ : A B C]→[インプロ :  B] × くり返し→[テーマ :  C]→[エンディング] × くり返し

 

と少し変わった構成で演奏している。

Bのインプロセクションやエンディングのループがとてもグラスパーらしい。

この曲は本当にたくさんの人にカヴァーされているけど、自分の音楽にするという意味でグラスパーバージョンはとても成功しているアレンジだと思う。

 

コード

グラスパーらしさの最も重要な要素は、なんと言ってもあの美しいハーモニー。

何度となく聴いたことがある曲を、全く新しい音楽に変えてしまう魔法のようなグラスパーのリハモ(reharmonization:元のコードを別のコードに変えること)。

この曲でとくにリハモされているのは[Bセクション]と[Cセクション]、そして[エンディングのループ]。

リアルブックに載っている元のコードと見比べていこう。

 

[Bセクション]

グラスパーコードの方はベース音が半音づつ下降していて、とてもスムーズなリハモになっている。

f:id:pianeco:20180117120005j:plain

 

[Cセクション]

こちらのグラスパーコードも上段はBセクション同様半音づつ下降しているが、下段1小節目D♭△7に一度解決し、またすぐ3小節目B♭△7に解決しているのでマルチトニック的とも言える。(一つの曲に複数のトニックがあること)

f:id:pianeco:20180117120114j:plain

 

[エンディングのループ]

最後の小節のB△7(#11)がポイント!

ここは本来B♭△7に行くはずなのに、その半音上をいく。

予想外でオシャレでカッチョ良い。

(拍子が変わっているので元の楽譜の2小節分が1小節になっている)

f:id:pianeco:20180117120124j:plain

では実際どんな音を弾いているのか、ヴォイシングを見てみよう。

 

ヴォイシング

グラスパーのヴォイシングの特徴一つはテンションの多さ。

前にもグラスパーのハーモニーの特徴について書いたことがあるけど(Robert Glasperを弾く「Baby Tonight」)、やはり今回も6thや9th、11thが多い。

まずは音源を聴きながら一緒に楽譜を見ていこう。

 

[Bセクション] (視聴

 

f:id:pianeco:20180118071219j:plain

 

 

[Cセクション](視聴 

f:id:pianeco:20180118080033j:plain

 

6thや7th、時には([Bセクション]1段目の最後の小節のD♭△7#11のように)9thや#11thまで一緒に弾いてしまうのだ。

7thか6thどちらかが入ってればもう片方は省いてしまいそうだけど、両方いっぺんに弾くとよりグラスパー的なサウンドが作れる。 

あと-7の時の11thはもうMUSTと言ってもいいだろう。

好みもあると思うけど、11thが入っていた方が断然今っぽいし、これからはこっちのヴォイシングの方が主流になってくるんじゃないかと思う。

 

もう一つの特徴は和音の近さ。

一つの和音の構成音が多く、さらにそれらが密集して半音や全音でぶつかることが多い。

同時になる音が近ければ近いほど、それぞれの音がぼやけて聞こえるので、グラスパー特有のぼんやりとした抽象的なサウンドが作れる。

 

あと、これはハーモニーとは別の話だけど、音符の横にある"なみなみの縦線"も特徴の一つと言えるだろう。

これはArppegio(アルペジオ、あるいはアルペッジョ)という記号で、和音をハープのようにポロロンと弾く記号。

矢印がついてるものとついていないものがあって、ついていないものは下から上へ弾くことが多い。

f:id:pianeco:20180118084029j:plain

グラスパーはこの奏法を(上の楽譜を見ればわかるように)本当によく使う。

Arppegio自体は全然難しくないので、グラスパーっぽく弾きたい人は取り入れてみるといいかもしれない。

 

 

オリジナルの"Stella By Starlight"も十分美しい曲だけど、いつもと違ったアレンジで演奏してみたい方はぜひロバート・グラスパーバージョンを試してみてください!

 

*リードシートを作ったので参考にどうぞ*

Stella By Starlight (Robert Glasper ver.) in C

Stella By Starlight (Robert Glasper ver.) in E♭

Stella By Starlight (Robert Glasper ver.) in B♭

Robert Glasper Trio @ THE MET

THE MET

ニューヨークにある最も有名な美術館の一つ、メトロポリタン美術館。

観光スポットとしても有名で、いつでもいろんな国の人々で溢れかえっている。

入場料は"pay as you wish"という自分で金額を決められるシステムなので、いつでも気軽に行けるのも魅力の一つだ。

(ただこのシステムを知らないと$25とられるので行く際には要注意!)

何度となく訪れているけど、つい最近までここにコンサートホールがあるなんて全く知らなかった。

ここのホールは700席程のしっかりとした広さで、レトロ感はあるもののシートが若干リクライニングになるし、なかなかいい感じだった。

そこで見てきたのがそう、我らがRobert Glasper!!! YEEEEEAH!!!

 

クールな人々

メトロポリタン美術館とグラスパーというのは少し不思議な組み合わせのように思えたけど、本人も「彼ら(美術館サイド)はこういう音楽聴かないだろうね」と言っていたのでグラスパー的にも不思議なのかもしれない。

客層もずいぶん多彩で、年齢で言えば5〜6歳の子どもから上は80〜90歳くらいまでいたんじゃないかと思う。

割合としては半分以上が年配の方々で、杖をついたおばあちゃんや、おじいちゃん達がグラスパーの音楽に熱狂していた。

とってもクールだ!!

そういう歳の取り方をしたい。

 

 

超能力的なメンバー

メンバーは2015年の「covered」アルバムと同じ、Vicente Archer(Bass)とDamion Reid(Drum)。

このドラムのDamion Reidがすごかった。

スティックでちょっと頭かきながらぼんやりしてるかと思いきや、いつやって来るかもわからないグラスパーの突如のキメを一度も逃さないし、0.1秒だって遅れない。

もう予知能力とか、透視能力があるんじゃないかと思うくらいすごかった。

f:id:pianeco:20171223122749j:plain

 

You have to be happy of who you are

日本でもグラスパーのライブに行ったことがあるけど、今回はその時の3倍くらい喋っていてずっと笑わせてくれていた。

ただ、一曲だけ彼が涙を拭いていた曲がある。

「covered」の最後に収録されている「I'm Dying Of Thirst」という曲だ。

ラッパーのKendrick Lamarのカバーで、曲中にはグラスパーの息子とその友人の幼い声が入っている。

この曲を演奏した直後にグラスパーは「息子にはいつも泣かされる」と笑いながら、でっかいタオルでゴシゴシ涙を拭いていた。

でもこの曲の直後に涙を拭いていたのはきっとグラスパーだけじゃないはずだ。

この曲中でグラスパーの息子達が幼い声で次々と羅列しているのは、大きな人種差別問題となっている警官による射殺事件で命を落とした黒人たちの名前だ。

最後には「黒人であることを毎日誇りに思っている」、そして

「You have to be happy of who you are」

と締めくくられている。

言葉では表現しきれない力強さや深さが、音楽となってそこにいた多くの人たちの心を動かしていたと思う。

youtu.be

I'm Dying of Thirst

I'm Dying of Thirst

  • ロバート・グラスパー
  • ジャズ
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

 

 

Common

ライブの最後にはとんでもないサプライズが待ち構えていた。

グラスパーがマイク片手にラップを始めたのだ。

すごいなぁ、なんでもできるじゃないかと思っていると誰かがステージの袖から出てきてその日一番の歓声が沸き起こった。

一体誰なんだろうと思っているうちに彼の凄まじいラップが始まって、ラップというものを生で見たことがなかった私はとにかく圧倒されていた。

だけど、いや、待てよ、この人どっかで見たことある。

それがCommonだったのだ!

キアヌ・リーブスのJohn Wickシリーズの大ファンなので、目の前にいるのがChapter2に出てくるあの殺し屋だと気づいた時にはもう、もう、もう、大興奮だった! 

 

笑ったり泣いたり大興奮したりと、感情を動かされっぱなしのひと時だったけど、間違いなく今年一番のライブだった。

最高のクリスマスプレゼントだ。

でももしサンタさんが聞いてくれるなら、キアヌ・リーブスとルビー・ローズちゃんにも会わせてもらえないかなぁ。

 

 

 

 

 

 

 

「The Christmas Song」6連符を使いこなして空白マスターに! 

The Christmas Song

”好きなクリスマスソング”で一番最初に思いつくのが、このMel Tormeの「The Christmas Song」。

タイトルからメロディが思い浮かばない人も多いかもしれないが、きっと耳にしたことがあると思う。

一番有名なのはきっとこのNat King Coleのバージョンかな。

とってもドリーミングでクリスマスの雰囲気にぴったりだ。

youtu.be

今日はこの曲をソロピアノで弾いてみよう。

 

アレンジのコンセプト

私はいつも個人的にアレンジを作るときには、必ずコンセプトというか目的を決めるようにしている。

これを弾けるようになれば、自然と何か新しい技術を身につけられるようなアレンジにするように心がけている。

今回のコンセプトは「6連符を使ってさみしい空間を華やかに!」

(リフォームのうたい文句みたいだけど)

例えばソロピアノを弾くときにコードチェンジもメロディーも少なくて、何を弾けばいいかわからないことがよくあると思う。

そんな時は音数が少なくなってしまったりさみしくなりがちだけど、今回は6連符を使ってちょっぴり華やかにしてみよう。

 

実践

まず曲の出だしから見ていこう。

上段がオリジナルメロディ、下段が6連符を使ったアレンジ。

f:id:pianeco:20171215102226j:plain

 メロディが全音符で止まっているので、さみしくなりがちな空間を6連符で埋めてちょっぴり華やかにする。

次の例では、同じ音が1小節以上続き変化がなくやっぱりさみしいので、ここも6連符。

too muchなくらいてんこ盛りで確実に6連符マスターを目指す。

f:id:pianeco:20171215102325j:plain

この曲のエンディングはNat King Coleをはじめ、ジングルベルのフレーズを使うことが多いので、おなじみのフレーズをキーを変えてアレンジしてみた。

もちろん終わりも6連符。

f:id:pianeco:20171215102253j:plain

 

ソロピアノで演奏する時は、こういうちょっとさみしくなってしまう空間に出くわすことが多いと思うので、その解消法の一つとしてぜひ6連符にトライして見て下さい!

 

 

*販売している関係で動画では楽譜を全部お見せできないのですが、よければこちらから購入できます。

youtu.be